葬儀終了後の法要日程|もり葬祭セレモニーホール

ご依頼・ご相談・資料請求は0120-364-242。24時間365日いつでも受付。

HOME > ご葬儀の流れ > 葬儀終了後の法要日程

葬儀終了後の法要日程

一般的な葬儀終了後の法要を、時間の経過に沿ってご案内いたします。
喪家が実際に執り行う法要の日程は、葬儀の際に菩提寺(お寺様)よりいただく「お逮夜(おたいや)表」に基づき決定する事になります。

主な法要日程一覧

7日目
初七日(しょなのか)

葬儀終了後に始めて営む追善供養です。
故人の安らかな成仏を願い遺骨や位牌をお祭りし、親族やお世話になった 方を招いて読経(どきょう)をいただきます。
※既に、お骨上げ終了後に初七日を済ませている喪家は二七日からに なります。

葬儀ワンポイントアドバイス!

「初七日はいつ?」
「初七日はいつ?」と、日にちの数え方がわからない方がたくさんおられます。
亡くなられた日を一とし、翌日を二と数え、七日目が初七日となります。よって、日曜日に亡くなられた場合、日曜が一日目となりますので、初七日は土曜日となり、以後七日ごとに迎える二七日、三七日も毎週土曜日となります。
そして、「逮夜とは?」その前日を示すことから、逮夜は毎週金曜日となります。またこれから14日目ごろまでに、弔電・供花・供物などをいただいた方へお礼を します。(またはお礼状を出します)
14日目
二七日(ふたなのか)
親族が集まり僧侶に読経をいただきます。
21日目
三七日(みなのか)
親族が集まり僧侶に読経をいただきます。
28日目
四七日(よなのか)
親族が集まり僧侶に読経をいただきます。
35日目
五七日(いつなのか)
親族が集まり僧侶に読経をいただきます。
※ 満中陰法要後すぐに初盆(はつぼん)を迎えるなど、日取りに余裕がない場合は、35日目を満中陰法要として締めくくる事もあります。
42日目
六七日(むなのか)
親族が集まり僧侶に読経をいただきます。

49日目

七七日(なななのか)

満中陰法要を営みます。
初七日同様、親族やお世話になった方を招き僧侶に読経をいただきます。

【後祭り祭壇】
遺骨・白木位牌などを祭っていた祭壇は役目を終了します。
後日、葬儀社及び仏具店に連絡をして、引き取りにきてもらいましょう。
【塗位牌・仏具】
満中陰までに購入(用意)しましょう。
【墓石】
お仏壇同様、用意しておく必要があります。
納骨堂へ納骨される場合は、墓石は必要ありません。
【開眼供養(かいげんくよう)】
仏壇・墓石は購入し建立しただけでは意味がありません。
僧侶(檀家寺)に開眼供養(仏様の魂を宿らせていただく)をしていただきましょう。
【納骨】
満中陰を終えて百ヶ日の間のなるべく早い時期に納骨をします。
100日目
百ヶ日(ひゃっかにち)
百ヶ日法要を営みます。
初七日、満中陰同様、親族やお世話になった方を招き僧侶に読経をいただきます。
初盆(はつぼん) 初盆を営みます。
初七日、満中陰、百ヶ日同様、親族やお世話になった方を招き僧侶に読経をいただきます。
※ 満中陰までにお盆が来る方は、翌年が初盆になります。
1年目
一周忌(いっしゅうき)
亡くなった月日の翌年の同じ日に百ヶ日同様、親族やお世話になった方を招き僧侶に読経をいただきます。
2年目
三回忌(さんかいき)
一周忌の翌年(満二年目)に一周忌同様、親族やお世話になった方を招き僧侶に読経をいただきます。

以後、年忌法要は、七・十三・十七・二十三・二十七・三十三・三十七・五十・・・と続きます。

葬儀ワンポイントアドバイス!

日時の決定
一般的に各法事・法要の日程に関しては、喪家側から日にちの余裕をもって菩提寺に連絡をして、 日時の決定を行うのがマナーです。
【もり葬祭セレモニーホールについて】
【ご葬儀プラン】
【ご葬儀事例】
【当会館以外でのご葬儀について】
【お役立ちコンテンツ】

Copyright (c) 2009-2018 mori-sousai.jp All Rights Reserved.